風俗業界での暗黙のルール

自分の判断は前向きに

自分の判断に対しては前向きにとらえるよう、気を付けています。風俗嬢を選ぶと、心の奥底で「やっぱり違う風俗嬢にすれば良かったかな」という気持ちになるのは決して珍しいことではないと思うんです。むしろその気持ちは、自分でも良くあるんですよ(笑)一人に絞るのは難しいので、どうすれば良いのか分からないじゃないですか。それもあって、じゃあどうすれば良いのかってことになると思うんですけど、でもそれで「やっぱり違うかも」なんて気持ちで風俗嬢と向き合っていても決して楽しめないんじゃないですかね。せっかく風俗で女の子と楽しむからには、自分が選んだ女の子と前向きな気持ちで楽しむことこそが大切だと思うんですよ。女の子だって「違う子にしておけば良かった」なんて思っているようなお客と心からは楽しめないんじゃないかなって思うんですよね。だからそこはもう責任を持って自分なりにしっかりと、前向きに楽しむべき部分かなって思います。

裸って素晴らしいですよね

日常生活の中で、女の子の裸を見るようなことはまず有り得ません。自分なりに、いつでも好きなように日常生活を送っているつもりではいますし、それなりに充実しているとは思いますけど性的なことに関してはほぼ何もないですね。それもあるので風俗くらい弾けても良いだろうと。むしろ風俗でしか女の子の肌かを見れる機会もないだけに、そこを逃さずに楽しみたいなって思っているんですよね(笑)それに、普段裸を見慣れていないだけに、たまに風俗で女の子の肌かを見るとそれだけで興奮してくるんですよ。何をされるとかじゃないんです。ただそこに裸があるという事実だけで、自分が勝手に興奮状態に陥るんですよ。これってなかなか出来ないことなんじゃないかなって思うんですよね(笑)しかも風俗の素晴らしい所は、基本的に音雄の自由じゃないですか。どういった形で楽しむにせよ、こっち側の都合で楽しむことが出来るので、気を使う必要がないので気楽ですし。