風俗業界での暗黙のルール

遊びとはいえ、本気ですよ

風俗が遊びなのは間違いありません。それに関してあれこれ言うつもりはありませんけど、ただ遊びだからって言っても本気なのもまた、間違いありません。絶対に後悔したくないんですよ。ましてや風俗は遊びではあってもこっちはお客としてお金を払う側なんです。お金を払ってから「やっぱり辞めておけば良かった」「今日は風俗なんて遊ばなければよかった」とか思うのは何となく嫌なものですよね。遊ぶからには満足したいって思うのは当然です。そして、風俗での満足とは男として満たされるのかどうかという点だと思うんですけど、本気である以上、事前にホームページ位は見ますし、女の子のプロフはもちろんのこと、ブログ等の更新ものもしっかりとチェックするようにしています。それらをチェックすると風俗嬢の内面が分かるんですよね。内面が分かれば、自分に合う子なのかどうかも分かるので、それが決め手となって選ぶケースも多いですし、理解したうえで遊べば満足もしやすいですよ。

苦しそうな表情に燃えてしまった

それまで自分がサドだなんて思ったことはありませんでしたけど、この前の風俗でそんな自分に気付かされました。前回遊んだFちゃんはかなり頑張り屋さんだったんです。こちらがそこまでしなくてもと思うようなことまで頑張ってくれるタイプの風俗嬢だったんですよ。だからかかなり喉の奥まで咥えたり、さらには激しいスロートでこちらを攻めてくれたり。だから彼女自身、ずっと苦しそうだったんですよね。でもそんな苦しそうな彼女の表情を見ていたら、燃えてきてしまったんです(笑)もっともっと苦しんだ顔を見てみたいなって気持ちになっていったんですよね。だからか、その日は自分でもかなり頑張っちゃいました(笑)多分これまでの風俗の中でも管理頑張った方なんじゃないかなって。そのおかげでなのか、自分でも言いようのない満足感がありました。まさかあそこまで満足出来るとは思っていなかっただけに、これが自分の性癖なのかもしれないなって気付きました。